ホーム > イラストギャラリー > 画材の紹介 > 色鉛筆・パステル


色鉛筆使用歴は長く、使い慣れた画材のひとつで300本くらいあると思います。
 メーカーにこだわりはありませんが、油分が多くて芯の柔らかいタイプが好きです


写真:色鉛筆1

プラスチックのトレイにごっちゃりと保管

写真:色鉛筆2
水性で他のものとタイプが違うのでこれだけはケースに入ったまま保管。
ステッドラー製



広い面に色をつけるとか、鉛筆の跡を残したくないとか、そういう時にパステルを併用。
パステルだけで作品を描きあげるということはほとんどなく、だいたい色鉛筆とセットで使っています。

写真:パステル






写真:ぼかす道具とフィキサチーフ


ぼかし道具と、鉛筆やパステルの粉を紙に定着させるフィキサチーフ


写真:電動消しゴム

電動消しゴムはものすごく重宝





HOW TO DRAW  **Original**

決して強く描かず、うっすらと色を重ねて重ねて重ねて...いきます。
紙はパステル用の荒目の紙より、ケント紙などの細目のほうが描きやすい。
絵の具のように混ぜて色を作ることはできませんが、目の錯覚で深い色味になるので、深く考えずあえていろんな色をどんどん重ねます。
鉛筆がのらなくなってきてもフィキサチーフをかけて、まだまだ重ねます。(←ここを繰り返す)
うっかり強く描いてしまった時は、ぼかし棒(擦筆)や綿棒でぼかしたり、消しゴムで消したりしながトーンを整えていき、いいと思ったところで完成





色鉛筆作品の一例です。

もぁいにち もぁいにち ぼくりゃは てっぱんのおー

イラスト:たい焼き
「たいやき」 ケント紙
〈フリーペーパーあるる うまいモン見〜っけ! 特集記事 あんこのおやつ〉使用イラスト



イラスト:メガネざる
「めがねざる」 パステル用紙  展覧会出品作品
消しゴムで紙の目が残る程度に部分消しをしてテクスチャーを出しています



イラスト:ファミリーおじいさん、おかあさん、おとうさん、男の子、女の子
「お便りお待ちしております」※部分
〈フリーペーパーあるる 読者の回覧板 なんかあるる?〉使用イラスト
バックはデジタル制作。
おじいさんのホッペのハイライトは最後に消しゴムで




自己紹介

イラストレーター松沢ゆきこの写真 松ぼっくり工房
松沢ゆきこ
朝型イラストレーター

→詳しいプロフィール

イラストクリックでページにとびます


イラストレーターをお探しの方へ

出版編集、広告、印刷、デザイン、WEBなど..マスコミ各位、個人の方、イラスト制作のお仕事承っております。お問い合わせもどうぞお気軽に 松ぼっくり工房松沢ゆきこの連絡先はこちらです

検索


WWW    サイト内