2012年9月アーカイブ

本がでました

写真:漢字読み書き辞典表紙

愛され続けて40年。
学研の漢字読み書き辞典第5版が
発売されました。

私は6年生のイラストを描かせていただいています。
辞典といってもイラストはコミカル。

子どもたちがクスッとしてくれたら
最高にうれしいなあ。







中秋の名月

9月30日、今度の日曜日は中秋の名月ですよ!

1年前まではお恥ずかしながら、中秋の名月イコール満月ということ
くらいしか知りませんでした。

イラスト:中秋の名月


でもこちらのイラストを描いている時、
文字原稿を拝見して
「そうだったんだ!!」と知ったワケです。

こういう由来を知ってるだけで
お月見のありがたさがグーンとアップしました。

今年も道ばたのススキを持って帰って
お月見をしようと思います。

寒くありませんように〜(←飲みたいから)




思ってた以上に


写真:豆袋で作ったマット

秋田市の泉にあるアラジン珈琲で長年コーヒー豆を買ってます。
こちらのお店でもらった豆の袋を切って縫っただけのマット。

これが自分で思ってた以上に気に入り、
毎朝玄関を開けると
「おーかわいいじゃん」
とテンションがあがります。

目にはいるところに、自分の好きなものを置いておくのは
けっこう大切、と思ってます。
特に仕事場では。




寝相

猫って大体はこんな感じで寝てたり

写真:猫の寝相1 ぐ


こんなポーズでまったりしてますが

写真:猫の寝相2 ボ〜〜







こちらの猫は首ごとベチャッといくので

写真:猫の寝相3 .....

死んだか?

といつもギョッとする。

あまり見かけないタイプの寝相です



イラスト:人間にしたらこんな寝相




忘れられない話

竹書房さま。
4コマ雑誌はしょっちゅう買ってるし、こちらのサイトは大変ありがたく楽しませていただいています。

     な、なんと無料   WEBマガジンゆるっとcafe    


今や自分の中で竹書房さんといえば、ゆるっと系4コマ漫画ですが
その昔ただただイラストレーターになりたかった私は、出版社の得意ジャンルを調べもせずにやみくもに売り込みしていた時期がありました。(出版社という出版社にアポ取りの電話をしていた)

忙しい中時間を作って会ってくださる編集者に、あまりにも違う畑の突拍子もないイラストを持っていくのは、とんでもなく失礼な話。

なのに私は4コマ漫画の老舗竹書房さんに、こんなイラストを堂々と持って行っていたのです

imo.jpg

写生「いも」

yasai.jpg

写生「台所の野菜たち」

iguana.jpg

図鑑の模写
イグアナと変なねずみか何か

当時はこのタッチのイラストしか
描けなかったのですが
4コマ漫画とは真逆のイラスト群を
たっぷり詰め込んだファイル。
わらびとか、ふきのとうとか
細密系イラストはまだまだあります

ファイルを見た後の
とても困った表情の編集者のお顔が忘れられない。
瘦せてメガネをかけた若い男の人でした
ひ〜ごめんなさい

同じイラストで
アダルト出版社に持って行ったこともありました。
(ウチはこういうのを描けないとちょっとね...
とすごいアダルトイラストを見せられた)


今思いだしても穴があったら入りたい
忘れたくても忘れられない話です




部屋に虹

写真:壁にサンキャッチャーの光1

天気のいい日が続いていて、毎日サンキャッチャーの光が絶好調!
キラキラと輝いてホントにきれい。
ずっと見てても飽きません


写真:壁にサンキャッチャーの光2

お〜、M発見


写真:サンキャッチャー


自宅にもあって、毎朝カーテンを開けるのが楽しみです
揺れる虹色の光を見ながらボ〜ッと白湯を飲むのが日課。
時間が許せば1〜2時間くらいそのまま瞑想、いや妄想タイム。
これが私にはとても大切な時間であります。




ブログの主

idcard.jpg
イラストレーター歴21年、松沢ゆきこと申します。
アトリエである松ぼっくり工房でインドアな生活を送っています。
趣味はハンドメイドとかマンガとか。

イラスト制作実績はギャラリーにて常設展示中です。
ぜひそちらもご覧になってください ♪

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

以前のぽっくり松

前の日記ブログはこちらです

検索


WWW.    このサイト内